Archive for 10月, 2014

食費の節約と料理慣れ

食費を節約するために、クックパッドを見て合わせ調味料などを手作りで調合しています。よく作るのは青椒肉絲、麻婆豆腐などで簡単でフレッシュでおいしいです。あと合わせ調味料ではありませんがサルサソースもよく作ります。
中華は基本、にんにくとしょうがをみじん切りにして炒め、仕上げにゴマ油を垂らすと雰囲気が出るものです。それにオイスターソースや豆板醤などを加えればお店に負けない立派な味になります。サルサソースはスパイスとピーマンで風味を出します。
ただ、安いといってもスパイスや中華材料を最初に買い揃えないといけないので、滅多に料理をしないという方には節約にはならないですよね。それとクックパッドはよく吟味しないとおいしくないレシピもたまに載っていますから、私の方法はどなたにもオススメって訳にはいかないのかもしれません。確実に美味しく味付けを習得するにはお金を出してレシピ本を買うか誰かに習うしかないのだと思います。
さて、明日は整骨院に行く日だな。大阪市までバスで出ていくので雨降らなきゃいいんだけど、どうかねー。

コロネの魅力

パンっていろいろな種類があって飽きませんよね。
私は毎食パンでもいいくらいパンが好きで頻繁に食べてます。
クリームパンやメロンパンは特に好きですが、最近ハマっているのがコロネです。
コロネって昔からあるパンですが、私は意外にも数年前初めて食べました。
子供の頃に食べていても良さそうな気がしますが、子供の頃はたぶんコロネというシンプルなパンよりももっと凝ったパンが食べたかったから、経験がなかったのだと思います。
自然とコロネを避けていたのでしょう。
今ではすっかりあの貝のような形のパンの虜になってしまい、車でパン屋に行くと必ず買ってしまいます。中身はもちろんクリームがいいですね。
そのパン屋にはクリームとチョコの二種類がありますが、私はクリームの方がお気に入りで、パンにクリームをつけながら食べてます。
このちまちました食べ方が好きなんですよ。
それにパンがふっくらもちもちとした食感で、パンだけでもおいしいと思えるところがいいですね。今度は違うパン屋に車で行ってみようと思っています。

大根おろしの汁が辛すぎる蕎麦

この前ある旅番組を見ていた時に、
冷たい蕎麦をそばつゆにつけて食べるのではなく、
大根おろしをおろした時に出てくる絞り汁だけにつけて食べる蕎麦が出てきたのですが、
父がそれと似たようなおろし蕎麦を作りました。

おろし蕎麦はたまに食べても、
麺つゆを水で薄めたものに汁を絞った大根おろしを入れたもので、
今回は水を一切使わず水の代わりに大根おろしの絞り汁でした。

しかしその麺つゆで食べたそばはとにかく辛くて、
大根が甘い元のほうを使ったのではなく、
辛い先っぽに近いところを使っているのです。

多少辛いだけならいいですが夏の大根は辛みが強いので余計に辛くて、
水と麺つゆを継ぎ足して辛みを少なくしました。
あのそばつゆを作るときには前もって絞り汁を味見しないといけません。

大根おろしがかなり余ってそれを父がそば湯に割って飲んでいて私も飲んだのですが、
辛みが薄まってちょうどいい辛さ加減で、
いつもと一味違った美味しいそば湯でした。

そろそろ来年のおせちの予約しとかないといけませんね。
2015年は美味しそうな料亭監修のにしようかな。

アントシアニンというブルーベリーの青い色素

ルテインというものは私たちの身体の中で作られません。規則的にカロテノイドがふんだんに備わっている食べ物から、しっかり取るよう継続することが非常に求められます。
あまり聞きなれない、アントシアニンという、ブルーベリーの青い色素には疲れによる目の負担を癒してくれるばかりか視力の回復でも作用があるとも言われ、あちこちで使用されているのではないでしょうか。
食べる量を減らしてダイエットする方法が、きっと効き目があります。そんな場合には充分に取れていない栄養素を健康食品等に頼ることで補給することは、おススメできる方法だと言われています。
数ある生活習慣病の中で、極めて多数の方に発症し、死んでしまう疾病が、3つあると言われています。それらとは「がん」「脳卒中」そして「心臓病」です。これら3つの病気は我が国の上位3つの死因と同じです。
ブルーベリーの実態として、ずいぶんと健康に良く、優秀な栄養価についてはご存じだろうと考えます。現実、科学の分野においても、ブルーベリーに関わる身体に対する働きや栄養面への利点などが公にされているらしいです