富士登山!二泊三日の旅

「富士登山!二泊三日の旅」そんなチラシに父が飛びついた。
今年、御年80歳。
なにを思ったか、登山を始めた。

口癖の様に、「まだまだ若い!」と言っている。
確かに、おなかは、筋肉で割れて、50歳になる息子のメタボな体に比べれば、若く見える。
今年に入り、公民館行事で募集される、近くの山を数回登っていた。
どうしても、一回は、富士山に登りたい。
とは言っていたが、本当に申し込んでいるとは、家族のだれも知らなかった。

その父、12.3年前になるが、くも膜下出血で、頭を手術した事がある。
標高の高い富士山に、登れるものかと心配していた。

すると、母が、突然、私に向かって
「あんた、お金出して上げるし、付き添いで一緒に登ってきなさい。」と言い出した。
「ええーっ!」なんともトバッチリもいい所だ。

私が付いて行った所で、強情な父が、私の言う事を聞くとは思えない。
何かとケンカ腰になってしまう、その父と、ツアーとは言え、二人で旅行?考えられない。
年齢制限があるならあきらめる。
と、旅行会社には伝えているらしいが、なんでもいい。
断りの連絡を心待ちしている。